河辺浩市(公一)アーカイブス



img_20130805-135044.jpg


ジャズトロンボーン奏者にして
作・編曲家の河辺浩市先生は
平成26年9月3日、永眠されました。
感謝と賛嘆を込めて哀悼の意を表します。




河辺浩市(公一)さんをご紹介
 
 
Koichi Kawabe
ジャズトロンボーン奏者・作曲家
 
 
1949年東京芸術大学卒業。51年同研究科卒業。同窓に作曲家の故・黛敏郎、小杉太一郎がいる。
芸大卒業と同時に日本交響楽団(現・NHK交響楽団)研究員となる。

58年より日本コロンビア専属、トロンボーン演奏及び、作・編曲に携わる。ビッグバンド初代ブルーコーツに在籍。また、自楽団、河辺公一&オールスタージャイアンツを結成し、ポピュラー界に進出。各放送局及び、東宝、日活、大映、東映各社の映画音楽の作曲、演奏も手がける。作曲作品として、初期、鈴木清順、井上梅次、深作欣二作品が有名。石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」では編曲を担当、また演奏作品は、黒澤明監督「七人の侍」、市川崑監督「野火」、川島雄三監督「幕末太陽伝」、今村昌平監督「豚と軍艦」、中平康監督「狂った果実」など無数に及ぶ。演奏作品の変りダネとしては、小津安二郎監督「お早よう」(黛敏郎音楽)ではマウスピースを使って少年たちのおならの音を作り、鈴木清順監督「河内カルメン」(小杉太一郎音楽)では法螺貝の音をトロンボーンにて作り上げた。

70年代には越路吹雪のバックバンドとして、日生劇場の長期リサイタルに、内藤法美、ジョージ川口、松本英彦、藤田正明、光井章夫、小泉喜美雄らと共に参加。その若き日の姿はDVD化されている「永遠の越路吹雪」にて見ることが出来る。

73年日本吹奏楽指導者協会作曲賞のほか、行進曲「青空に希望して」「高度な技術への指標」「阿波踊り考」等の作曲での受賞も多い。
ジャズの大御所でありながら、穏やかでユーモラスなトークと円熟した人間味あふれる音色で生涯現役で多くのJAZZファンを魅了してきた。
平成26年9月3日永眠。享年87歳。


 
 
 
戦後日本のジャズの草分けともいえるトロンボーン奏者にして作曲家、
巨匠・河辺浩市のジャンルを超越した足跡を紹介してまいります。

 

【河辺浩市(公一)アルバム】

 

期間限定掲載





後列中央に若き日の河辺浩市師。まだ髪がふさふさした二枚目です。
左から二人目は講釈師の一龍斉貞丈、四人目にノンキ節の石田一松!。
皆、歴史上の人物ばかりです。1950年頃の写真です。



ブルーコーツ結成当時のメンバーたちと。前列右が河辺さん。                       
  ガラス戸からお茶目に顔を出しているのは若き日の秋吉敏子さん。



 

img_20140908-234751.jpg

若き日のジャズメン。ピアノの前に秋吉敏子さん。
左から顔を出している河辺さん。その隣には渡辺貞夫さん。




img_20140908-235313.jpg
若き日のジャズメン。
左から河辺さん、荒井のぼるさん、五十嵐明要さん、秋満義孝さん、田辺昭さん。






河辺師が北村英治さんらと開催したJAZZクラブでの柳家小三治師匠の落語会。
グランドピアノの上に毛氈をかけた高座。湯呑みの代わりにコーヒーカップです。





高崎の葡萄屋での演奏。ヴォーカルは柳沢真一さん、
ピアノはぶーちゃんこと、市村俊幸さん!




img_20140909-125417.jpg
1970年日生劇場の越路吹雪リサイタルに参加。
左はピアニストの内藤法美さん。




img_20140908-235727.jpg
千代田学園の講師時代




千代田学園の講師時代。
音響科の授業で「落語家の発声における音響表現」を講義。
噺家の古今亭志ん上(現・桂ひな太郎)師匠に落語を演じてもらう。
もっともらしい講座名を付けましたが学生に落語を聞かせたかっただけだそうです。






トロンボーンつながりで、春風亭柳昇師匠と。
撮影したのは、伸治時代の桂文治師匠!。





                         photo:柴田種次郎
河辺師が音楽を担当した、深作欣二監督の「誇り高き挑戦」のポスターの前で。
(東京国立近代美術館フイルムセンターにて)





                          photo:柴田種次郎
2010年、向島の花街で開催されたお座敷ジャズの楽屋にて。
噺家の桂南なん師匠が河辺師を楽屋見舞い。
南なんさんは弟子入り志望の若者のように見えます。
実際、この日のライブの河辺師のトークは噺家も顔負けの大爆笑でした。
トロンボーンだけでなく話芸も達者な河辺師は自らをジャズ会の柳家金語楼と称しております。





                         photo:柴田種次郎
市川市の洋館で開催された、柳下美恵さんの日本映画ペンクラブ賞受賞記念上映会にて。
河辺師の長年の友人、H氏(右)と。H氏はその筋の人が名前を聞いただけで震え上がる
大物でしたが、晩年は好々爺然として、私たちの映画会や落語会にお付き合いしてくれました。
墨キネと河辺師の縁を作ってくれたのがこのH氏です。






銀座のジャズバー、エムズの定期ライブでの河辺師の余興。
トロンボーンで法螺貝の音を出しております。
鈴木清順監督の「河内カルメン」ではこのようにして法螺貝の音を作りました。
右で笑っているのはベースの大津昌弘さん。




img_20140908-204042.jpg
向島の花柳界「美舟音」で開催されたお座敷ジャズライブ。
ヴォーカルの影山ミキさんとベース大津昌弘さん、ピアノ大橋高志さん。
ミキさんは銀座エムズのオーナー兼ヴォーカリスト。晩年の河辺さんをささえた一人。




                            photo:山本アマネ
東芝病院のロビーライブで演奏する河辺師。バンド名は「ザ・ガイライズ」
東芝病院の外来患者で結成したJAZZバンド。
右はヴォーカルで参加している名トランペッターの光井章夫さん。


 



                           photo:山本アマネ

盟友・光井章夫さんと語らう河辺師。東芝病院ライブを終えて同病院のロビーにて。 
 



                           photo:山本アマネ
名サックス奏者の芦田ヤスシさん(前列中央)が最後に公の席に姿を見せた東芝病院のライブ。





北区中央図書館での演奏会


 


                     photo:墨東キネマ

22歳の若きサックス奏者、新谷葵さんと。


 

 

                                           photo:センソージロック

86歳のバースデイライブにて。アルトサックスの五十嵐明要さん、ピアノの小林洋さん、

ベースの大津昌弘さん、サックスの新谷葵さんと。新谷葵さんは河辺さんの1/4の年齢。




img_20140908-205556.jpg
愛弟子の藤井美穂さんと。銀座エムズにて。



img_20140908-204722.jpg
ピアノの小林洋さんとアルトサックスの五十嵐明要さんと。
三人ともいい笑顔。(とても公にはできない芸能界の裏話をしております)



 

img_20140908-200909.jpg

銀座エムズに飛入りした薗田憲一さんのご子息勉慶さんと




img_20140908-201444.jpg
両国緑壱で開催されたイラストレーター山本アマネさんの個展で展示された河辺さんの肖像画。



img_20140909-125605.jpg
ジャズアートとのコラボレーション、
Soundtrack history of JAZZ
映像とトークで映画とジャズの歴史を鳥瞰する試み。
イラストレーターの山本アマネさんと。両国の緑壱にて。




img_20140909-125651.jpg
河辺さんの最後のトークライブ。
平成26年8月30日両国緑壱。
山本アマネさんのジャズアートに囲まれて。
「我が青春のグレンミラー」


 






 


バンちゃんこと光井章夫さんと河辺さん。


※写真は特記以外、全て河辺浩市師からお借りしたものです。期間限定掲載しています。
画像転載は固く禁じます。






http://bokutoukinema.com